手品やマジックというと、西洋のもの、というイメージがありますが、日本にも昔からマジックの文化がありました。

 

日本にマジックが入って来たのは奈良時代と言われていますが、記録として残っているのは江戸時代。江戸時代には、手品のことを「手妻(てづま)」と呼んでいました。

 

なぜかというと、手品師はを稲のように早く動かすから、略して手妻(てづま)」。海外との交流が少なかった江戸時代、日本にしかない、この「手妻」が独自に発展しました。

 

しかし明治・大正と外国の文化が入ってくるようになると、手妻も西洋化の波に流されしだいに演じる人が少なくなり、今では見たことがないという方も多いかもしれません。

この「手妻」を有栖川 萌が 『お江戸まじっく』 として現代に甦らせます。

音楽に合わせて、繊細に優美に舞うような表現や、「見立て」の芸、口上の 言葉遊びの面白さなど江戸の人々が楽しんでいた趣はそのままに、今の人が見ても楽しめるよう現代風にアレンジしました。

​不思議だと思う人の心は今も昔も変わりません。艶やかで不思議な和の世界をお楽しみ下さい。

有栖川 萌の演じる代表的な演目をご紹介します​

>> お椀と玉

>> 若狭の水

*胡蝶の舞

*連理の紙

*日本せいろ

​*傘出し

​*天昇の獅子舞

*柱抜き(サムタイ)

*剣刺イリュージョン

*美女の浮遊

詳しくはこちら

とっぷ > "お江戸まじっく”とは 

TEL: 050-5329-1068
(月-金 11:00〜16:00)
  • Instagram

© 2019 by Triumph Project